学校ではなく、子供に補助金を出してほしいです

獣医学部も医学部も、少なすぎると思います。どんどん作ったほうがいいです。そこで、国からの補助をなくして、学費を高くしたらいいのです。そうしたら、貧乏人はいけませんよね。そこで、人の大して支援したらどうでしょうか。親の年収も調べ、高校の成績を調べ、1年ごとの学習を調べ、もちろん、いまでもあるとはおもうのですが、そこが少なすぎるのです。1人では、むりですよ。もっと、広く貧乏なところには、チャンスをやって、いま、おとしよりがもっている巨万の富のあるお孫さんから、学費をいただいたらいいのです。もちろん、そうすると学力もないといけませんね。
獣医学部を作ると、ほかの大学が定員割れになるというのでしょうか。そこは仕方がないのです。子供が少ないのですから、方法もないし、獣医になって、サラリーマンでもいいではありませんか。学校に補助金を出すのではなく、貧乏な子供の学費として渡してほしいです。学校で、50人ぐらいは枠がほしいです。