他人に何かを教えるということは一筋縄ではいきません

私は塾で働いていますが、やはり教えるということは容易なものではありません。学生時代から言われてきたことは『10を知って、初めて1だけ教えることができる。10教えたければ、100以上知らなければならない。』です。自分が知っているからといって、全て相手に伝えられるか、というとそうではありません。大事なのは『どのように伝えるか』です。年齢や考え方などによって使う言葉を変えなければなりません。小さい子供に難しい言葉を使っても全く理解してもらえませんよね?その人にあった伝え方、教え方がとても重要になってきます。何よりもその伝えたい相手をいかに把握しているか、これも大切になってきます。A君にこの言い方で分かってもらえたから、Bさんに同じように教えても理解されるかというと、絶対に分かるという保証はありません。むしろ全く分からないかもしれません。その人に合った言い方をすればしっかり理解できます。そのためには、やはり教えたいことをしっかり理解しておくことが大事なのです。